スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写植の時代から伝えたいもの(中編)

『写植の時代』展の続きです。

打たせていただいた写植機は、モリサワ社製のMC-6というものだそう。

IMG_0834.jpg

レンズ部はこんな感じ。
奥のマシンガンみたいなところが全部レンズで、クルクルと回してサイズを変えます。

IMG_0837.jpg

IMG_0839.jpg

こちらはきれいにライトアップされた文字盤。
写研のファン蘭E(EFN)でしょうか?

写研もデジタルフォントが出たら、ぜひまた使わせていただきたいです。
待ち望んでいる方は多いでしょうねー。

------------

で、本題の伝えたいこと。

私は前のエントリに書いたように、まだ写植の時代にデザイナーになりました。
手作業や共同作業が多かったからか、はたまたデザイン料がしっかりもらえる景気があったからか、制作サイクルが長かったからか、いろんな理由はあるでしょうが、私がぺーぺーの時代には、先輩ががっつりと私を鍛えてくれました。

何度ADにラフを出してもダメで、最後にはゴミ箱に破って捨てられ、事務所にひとり残って泣きながらラフを作り直したり、頭普通にはたかれまくったり、何種類もの書体を1%刻みでコピーとって文字のサイズを調整したり、朝までデザインについて酒飲みながら熱く語られたり…。

ロットリングの手入れの仕方や、トィーザー(ピンセット)の尖らせ方、角をしっかり決める方法や、薄ハギして凹凸のない(影のでない)版下を作る方法、差し替え版の作り方、型抜き用の版下の作り方、パッケージの構造、色の見方や合わせ方、文字のサイズの計算方法、いいコピー悪いコピーの見極め、官公庁のコンペに勝つ方法、見積もりの作り方…などなど。

全部手取り足取り、時間をかけて教えてもらったんです。
事務所にもいつも音楽があり、人がひっきりなしに来て、電話がしょっちゅう鳴って、時には怒声(私や私のようなアシスタントがいつも怒られてる)も飛び交う。
なかなかにぎやかな環境でした。

でも、そのあとMacがデザイン事務所にわーっと入ってきて…、いやむしろ、わたしが社長や上司をけしかけて、「これからはMacです!」とかえらそうに言ってですね、導入をどんどん進めたんです。

MacやIllustratorが大好きだったので、一人でMac独占して作業できるのが楽しかった。

で、昼も夜も忘れて仕事してて、ふと気づいたら、私の先輩はみんないなくなってました。

写植屋さんも、版下屋さんも、カンプ屋さんも、精密図版屋さんもだんだんといなくなって、代わりに会社には私よりも年下で、版下なんて作ったことない、でもIllustratorはすごいテクニック、みたいな部下の人数が増えてました。

PageMakerからQuarkへ。
ポジフィルムはスキャンしてPhotoshopで加工して。
印画紙出力から製版フィルム出力になり。

ページ物からカラーの広告まで、Mac一台あればできるようになり、私も自宅で個人の仕事を引き受けられるようになり、いろんなお仕事をいただいて、まあそれなりに頑張って働いて。

元いたデザイン事務所も、仕事をよくお願いしていたDTP会社も、代理店や出版社も、ふと見るとみんな黙々と自分のMacに向かって作業する人ばかりになりました。

で、30才を過ぎた頃、「あれー?」と思ったんです。

私はいっぱいいっぱい、いろんなことを教わってきたのに、私は何か下の世代に伝えたことがあっただろうか?
ちゃんと教わったことを継承できてる?

全然でした。なんにも。

しかも私たちが一番頑張らなきゃいけなかった時代に、どこをどう失敗したのか制作費はダダ下がり、デザインしててもまったく儲からんことになってました。

あらあらー。

まあ、だからどうしたらよかったのか、それは今でもわからんのですが、とても失敗したなーという気持ちにはなりましたね。

そこから、DTPと印刷とデザインを教えるスクールの立ち上げに関わったり、デザイナーのためのテキストを作ってみたり、本を出してみたり…という、今の私の仕事につながっています。

これはたぶん『写植の時代』展のコンセプトとは少し違う話ですね。
でも、似ているというか、ちょこっとリンクはしている。
だから私は今回、どうしてもこの展示を見に行きたかったし、主催の大阪DTPの勉強部屋の方々とお話ししたいなーと思いました。

つい熱くなって、またまた長くなりました。
もうひとつの大阪行きの目的は、また次のエントリで。
スポンサーサイト

写植の時代から伝えたいもの(前編)

前のエントリをようやくアップしたのは、このエントリを書きたかったからです(; ・`д・´)

おととい、昨日と大阪へ行ってまいりました。
目的は3つ+α。


1つめは、大阪DTPの勉強会の第10回「はじめての正規表現」への出席。
残念ながら午前中にどうしても外せない用があったために、途中からの参加です。

タイトル通り、正規表現て?というところから解説して(たぶん。最初の方見てないので)いただき、道広勇司さんのお話は楽しくそしてとてもとてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

このステップアップ版が東京で開催されるとのことなので、ぜひ参加したいと思います!

よく考えたら、サーバの勉強とかのときに、正規表現もやってたんですよね。
すぐ忘れるから、いつも新鮮!Σ(゚д゚lll)
というか、すみません…。



2つめの目的は、「写植の時代」展

Web-title2_430.jpg

写植ってご存じない方も多いでしょうね。
「しゃしょく」と読みます。

「写真植字」の略で(たぶん…)、ガラス板にプリントされた文字に光をあてて、レンズを通じて文字を拡大縮小し、印画紙に焼き付ける印字方法です。

いまは印刷物を作ると言えばDTP、コンピュータを使いますが、私がデザイナーになりたての頃はこの写植を使った印刷物の作成が主流でした。

デザイナーは仕上がりをイメージしながら原稿に、書体やサイズなどを記入して写植屋さんに渡します。
写植屋さんは「写植機」と呼ばれる機械(いろんな種類がある)で、指定通りに文字を打ってくれます。

指定通り、と書きましたが、実際には「左右揃え」とか、「ツメ」「ツメツメ」とか、「両端00mmで揃える」とか、「カンパコ」とか、そういうまあ言ってみればアバウトな指定をしておくとですね、とーってもきれいに組版してくれるんです。

(ぺーぺーだった私は、写植屋さんに「こんな指定じゃできません!」と怒られたことも多々…^^;)

写植屋さんの仕上がりを受け取るのは、私にとってはドキドキする(指定ミスは何度も…><)とともに、本当に楽しみな瞬間でした。

写植は高かったので(A4くらいのサイズいっぱいに打ってもらうと、2,3万円。1文字でも3,000円とか)、いろんな書体や組み方を試す訳にも行きません。
頭の中で、「この書体でこの紙面にこんな風に配置したらいいかな?」と、何通りも想像し、その中から1つだけに絞り込む(ポスターのキャッチコピーとか、そういうものはカンプの段階からいくつか書体を頼むことができましたが)わけです。

当時は色もすべて「製版指定」で入れましたから、文字も想像、色も想像、仕上がりは自分の頭の中だけにあって、他の人に始めてみせるのが最終的な印刷物。だったんですよね。

で、写植屋さんからの仕上がりが、思った通りだったり、思ったよりもきれいに決まっていたりすると、ほんとーーーーーーに嬉しかったんです。

何でしょうね、パズルゲームの正解を見つけ出したような、すっきり感。

まあそれもこれも、写植屋さんのもつ組版の知識と技術があってこそ。だったのですよ。

変な話、デザイナーが組版あんまりわかってなくても、写植屋さんが何とかしてくれてました^^;
だからおかしな組版の印刷物ってあんまりなかったんですよね。たぶん。

今回の「写植の時代」展は、そんな写植屋さんの持っていた知識や技術のうち、今のDTPの時代に受け継ぐべきものがたくさんあるんじゃないか?というコンセプトで開催されたもの。

実際に写植機を動かしておられた方たちが、実際に動く(!!!)写植機を使っていろーんなことを教えてくれる、本当に貴重な貴重な場です。

私も写植機を打たせていただきました!
完全な手動!!!
すごいよこれー。一生懸命覗き込んでますが、仕上がりは現像してみないとわからんのです。

Al7n32WCEAArst8.jpg

写真お借りしました^^

私がやってると、昭和よりさらにさかのぼって大正|明治みたいですけど…(正規表現っぽくw

「1H」のH=歯が、なぜ「歯」なのか。
この体験をしたら、すっごくよくわかります!

打上ったのはこちら。

IMG_0840.jpg

文字サイズを1文字ごとに変えたので、ベタですが、文字送りも毎回計算です。
大変。でも楽しいー。

ちょっと長くなりそうなので、後半に続く…

あ、でも、これを読んで興味を持った方がいたら、急がないとこの展示は明日までですよ!!
行きそびれないでくださいねー。

大阪DTPの勉強会に行ってきました

ちょうど大阪に出向く用があり、かねてから参加を狙っていた、大阪DTPの勉強部屋さんの勉強会に行ってきました!

テーマは「出力現場の話[2]」

出力用のデータを受け取る側の現場では、どんなことが行われているのか?

スペーカーは某印刷会社の中の人、れれれの氏

------------以下勉強会のサイトにあった紹介文をコピペ

■内容
入稿方法から面付け・出力までの作業を解説をします。
2回目は1回目の知識的な話を下地に作業寄りな内容にする予定です。
※対象の制作アプリケーションは、主にIllustrator、InDesign。
・面付けと入稿後の流れ その2
・入稿方法のいろいろ
・Illustratorやったらアカんの?

------------ここまで。以下は私の感想です。

私はこれまで、かなりの数のデータを出力してもらっていますが、実際に出力の側の方とお話しする機会はあまりありませんでした。

本や雑誌の企画で取材する機会はありましたし、テストデータ(例えば新機能ばりばり使ってどうだー?みたいな)の出力をお願いしたことも。

DTP業務の中でも、事前の環境の確認やら入稿データの指示はもらうようにしてますし(ほとんどは編集部や代理店が間に入ってますが)、トラブルがあれば直接話をさせていただくこともありました。

でも、そういったやり取りを通じて、一番強く感じていたのは「本当のところを語ってもらってない」感。

社外の人には言えないこともあるでしょうし、クライアントに近い立場の相手だと思って、気を使っていただいていたこともあったと思います。

本当は文句言いたいけど我慢してる、本当はもっとこうしてほしいと思ってるのに言えない…みたいな?
(考え過ぎかもしれませんけどw)

まあそれは、別にどんな仕事でもあるとは思うんですよ。
私だってスタッフに何もかもさらけ出して話してるわけじゃないし。やったら毎日取っ組み合いですもんねwww

ただ、制作と出力って、言ってみれば共同作業者なわけで、本当はもっと連携して補い合うべきだし、もっと腹を割って話すべきだし、何よりもお互いに仕事の楽しさや誇りを高め合うような関係であって欲しいです。

そんなことを思ってたこともあって、今回のテーマにはものすごく関心がありました。

参加してみて、本当に本当によかったと思ってます。

れれれの氏のお話は、とてもわかりやすく(ただしペースは異常に早かったので、ついて行ききれなかったところも…^^;)、面白かったです。ここには書けない独自のご見解や、ブラックなことも含め、とても勉強になりました。

今まで疑問に思ってたこと、例えば「なんで未だにEPS指定があるのか?」とか、「なんでいつまでも古いバージョンのファイルを指定されるのか」とか、「PDFがイマイチ普及しない理由は?」とか、そういうこともある程度わかったような気がしますし、今のDTP環境の複雑さや、制作側、出力側双方で、人によってスキルにずいぶん差がある、そいうったものもよく理解しました。

昔は昔は…って言うと、年寄りの愚痴みたいですが(笑)、まあ少し前はもうちょっと制作側のスキルや意識も高かったように思えます。こんなデータは作っちゃいけないとか、きれいなデータ作りとか、そういったね。

今はそういう情報を得る場所もありませんし、ちゃんと教えられる人もいない。そして状況が複雑過ぎて、みんなに共通の作法ってのを提示することも難しいです。

もちろんスケジュールの厳しさとか、予算のなさとか、構造的なこともたくさんあるでしょうけど。

ただ、今のように、とにかくデータを投げておけば、出力側で頑張って出してくれるんでしょ。とか、事故が怖いから古いとわかっていてもやり方を変えないとか、そういう「臭いものに蓋」みたいのはやっぱりね。よくないと思うわけです。

制作側にも勉強が必要ですよ、もっと。
それも、従来みたいに本で「これが王道」を学ぶみたいなのはダメで、その環境ごと、制作物ごとにどう作るべきなのか、出力側の人とみっちりがっちり話し合うスタイルが一番いいんじゃないでしょうか。

あと、DTPから始めた人は「印刷」とか「版」とかの、ベーシックな知識を持ってた方がイイです。
どこまでデジタル化が進んでも、印刷物はアナログなわけで、画面で作るものとはイコールではない。
「版」を作る意識があるかないか、アミ点をコントロールする意識があるかないか、で、ずいぶん作るデータは違ってくると思います。

版下も一度作ってみると、いろんなことがわかるんじゃないでしょうか。

大阪勉強部屋のみなさまはもうそんなことはとうに承知で、写植や版下をテーマにした勉強会もやっておられる様子。さすがです。

もちろん今更、写植を使えとか、版下作れということではないです。
写植の文字のデザイン(特に写研)ってものは知っておいた方がいいし、写植時代の文字組み、組版のクオリティってのも見て知って欲しい。

かつて私がお願いしていた写植屋さんは、みなさん本当に美しい組版ができる方ばかりでした。
これは写植屋さんそれぞれのご研鑽ももちろんですが、写研がきっちり組版教育をやってたことも大きいと思います。その教育は、DTPに移ったことで完全に消滅してしまった。まったく継承されなかった。

本当にもったいないです。

懇親会では、切り貼りとか、薄はぎとか、ロットリング、からす口、紙焼き機、DTP以前の懐かしい話もいっぱい出て(そしてそれらを知ってることで、某「なんでやねんDTP」の中の人から「意外と年くってるのねー」と言われましたがwww)、そんな話も楽しかったです!

そうそう、最近お会いした売れっ子ブックデザイナーさんは、某A社のアプリケーションについての話の中で
「新しいバージョンとか機能とかどうでもいい。デザインは版下で手作業でもできるんですから」って言っておられて、めっちゃかっこ良かったです。

私よりも10歳も年下の方ですけどね。こう言い切れるのはすごくカッコイイですよー。同性ながら惚れましたw

------------

あれ?勉強会のレポートが読めるんじゃないの?と思った方、ごめんなさい。
私の中途半端な知識と筆力では、ダイジェストすら書けませんwww

また、れれれの氏のご講演はいっぱいあると思いますので(ですよね?)、そちらでー。
実際に聞かないと、行かないと、会わないとわからないこともいっぱいあるのですよ。
画面に張り付いてばっかりじゃなくて、出歩かないとね(主に自分に向け

大阪DTP勉強部屋の主催えむさん始め、みなさまには大変お世話になりました。
めちゃ楽しかったです。きっとまた伺います。
ありがとうございました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。