スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『配色デザイン見本帳』ができました!(その1)

本当にひさしぶりのブログ更新です。

003.jpg

『配色デザイン見本帳 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック(MdN刊)』が、今月24日に発売となりました。そろそろ書店にも出回っている頃だと思います。


配色デザイン見本帳 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック配色デザイン見本帳 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック
(2014/09/24)
伊達千代

商品詳細を見る


著者として、なぜこの本を作ったのか。
あるいはどんな本なのか、少しずつここに書いていくことにします。
(いつものごとく、すぐに忘れてしまうので)

この本のいちばんの柱になっているのは、3章の『配色の実践』です。
本全体の3/4ほどのページをこの章にあてています。

『配色の実践』では、キーワードから配色を実践する方法を紹介しています。

こんな感じ。
003*

キーワードは、例えば『ノスタルジックな絵本の世界』や『グラマラスなコントラスト配色』『アジアのパワーあふれる配色』などなど。

「ナニソレ?」と、思われる方もいるかもしれません。

わたしもいち読者なら、「なんじゃこりゃぁあ!!! 」と、松田優作ばりに叫んでいるような気がします。




(だって・・・・・こそばゆい)




あ、言っちゃった。

まあでも、あえてそこを押し切って!これらのキーワードを盛り込んだわけです。

それはわたしの面の皮が厚いからではなく、人を煙に巻こうと思ったわけでもなく、夢見る少女(おばさん)ぶりたかったというわけでもありません。ほんとに。

配色って、本当に言葉にしにくいものなんですよね。

人に色のイメージを伝えるのは難しい。

「夕焼けの赤って、切なくなるような赤だよねえ」って、わたしが言ったとして(言うかな?笑)、そのわたしの思っている「赤」と、それを聞いた人のイメージする「赤」は同じとは限らないですよね。

疑い深いわたしとしては、全然違う「赤」をイメージしてるでしょ!むしろそれ、本当に「赤」?わたしの基準では紫とかオレンジとか、あるいはもう全然違う緑とかが見えてんじゃないの?と思ってしまいます(どんだけ)。

だって、人のイメージは覗けない。そしてわたしのイメージも人の頭の中に映し出すことはできない。

本当に色を共有しようと思ったら、分光計で測った色をデータで出すか、あるいはわたしの隣で同じ夕焼けを見てもらうしかないわけです。誰か見てくれますかね?笑

とまあ、色について、正確さやイメージの伝達をあまり考える必要がないなら、「そうねえ」と流してしまえる程度の話かもしれませんが、そこは一応デザイナーとしての肩書きをつけている以上、あるいは本や広告なんかのある種の表現に携わっている以上、一緒に夕焼けを見る以外の手段を考えなければならないわけです。

(分光計の測定についてはまた別の話として)

わたしがずっと取り組んでいるのは、色に限らずデザインについての考え方を言語化する、ということです。
これは、今まで出版してきた本でも同じです。

デザイナーはいかに人に言葉でそのデザインの意味や理由が説明ができるか、それは重要なスキルのひとつなんじゃないか。

難しいけど!

なので、その言語化を一通りやってみましょうこのわたしめが!というのが、このキーワードにつながっています。

パラパラと本を見てもらって、色だけを見て「こんな配色がしたかったんだよね!」って思ったら、そのあとで「へー、言葉だとこんな風に表現できる配色なのか」と思ってもらえるとよし。

逆に「〇〇なイメージにして」って言われたけど、そのイメージがわからん!という場合には、キーワードの中から近いものを探してもらって、「ほー、こういう配色のことか!」って思ってもらえるとまたよし。

いちばんお勧めなのは、「こういう配色には、こういうキーワードがつくのね。そしてそれはこういう理由なのね」という、イメージと言語の間のつながりについて、その考え方の部分をトレーニングしてもらうこと。


と、こういう思いが(暑苦しく)詰まってます。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。