スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『配色デザイン見本帳』ができました(その2)

いやもう、時間が経つのが早過ぎて、タイムスリップしてしまったかのような今日この頃。
暦の上ではディセンバーでございます。

前回の更新から立て続けに書くつもりでいたのに、kljwんklkdhbkんhbsjhばlwけdj…


というわけで、気を取り直して前回の続き。

『配色デザイン見本帳』は、MdNきっての敏腕編集者さんが取り仕切ってくださいました。

編集さんにも色んなタイプの方が(出版社によってもかな?)いらっしゃいます。

「まかせたー!!」と、どーんとまるっと投げてこられる方。

「これでお願いします!」と、ビッチリ文字数から構成からラフまで書いて渡してくださる方。

「○×△…ふじこふじこ…」と、何を言っているかわからない方…は、いたりいなかったり(; ・`д・´)


まあともかく、そんなさまざまな編集者さんがおられる中、この本の担当のIさんは特に企画部分をガッツリ詰めてこられる方です。

本の仕立て部分、「佇まいを作る」という感じでしょうか。

どんな本なのか、誰に向けた本なのか、ひとめでわかるような表紙やタイトルを作るのがとても上手な方なのです。この手腕で、次々に魅力的な本を生み出しておられます。

そのIさんが『配色デザイン見本帳』のデザイナーに選んだのが、株式会社コンセントの関口裕さんでした。
(表紙・中面とも)

関口さんが表紙に持って来られたアイディアは、「本棚」しかも「架空の本棚」というもの。

1226_r.jpg


えー?これを作るー????

しかもミニチュアで!


どどどどどどーやって??
と、思う間もなく、造形作家の関根研一さんにミニチュア作成が依頼され、どんどんと話は進んで行きます。

中身で苦悩する筆者(わたし)は、すっかり蚊帳の外でございました。

本棚図面_r

こんな図面もできてて、それぞれのパーツごとの細かい指示もあったようです。


ほえほえほえー。


んで、本当にこれがミニチュアの造形になったという。

実際の本の表紙の大きさよりふた回り大きいくらいでしょうか。

かーわーいーいー。

どのくらいのサイズかというと…

DSC05931_r.jpg

こんな!!!

わかりますでしょうか、これが本棚の下の方にある地球儀です。

めっちゃよくできてるー。

こんな感じで、時計も。開きかけの本も。
IMG_7746.jpg

植木鉢も。
IMG_4595.jpg

車も。そしてもちろん木目にこだわった本棚も。
IMG_1173.jpg

みーんなミニチュアで組み上げられたのです。

ほんとにすごい!!

本は表紙が「顔」ですから、どの本も力を入れているとは思いますが、特に今回のはすごい!と思ったので、ご紹介しました。

もし書店で見かけたりしたら、ぜひお手に取ってそのあたりも見ていただけると。

…ところで、この実物はどこへ行っちゃったんでしょうか。欲しい…(・´з`・)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。