スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋DTPの勉強会に出ます!

呼んでいただきありがとうございます。

2月25日(土)またまた名古屋の勉強会にお邪魔しますー。

------------

「DTPの勉強部屋」
第23回勉強会のお知らせ


↑詳しくはこちらをクリック↑

------------

私のセッションの今回のテーマは、Photoshop「時短」テクニック

YUJIさんのセッションが、Illustrator「時短」テクニック



「時短」というタイトルをつけましたが、クリック早くするとかそーゆーことではありません(当たり前

私はレタッチャーさんのようにガリガリとPhotosho使っている訳ではありません。

あくまでもデザイナー、一般のグラフィックユーザーとしてのPhotoshopの新しい使い方、というものをご紹介したいと思ってます。

「今まで何の疑問もなくやってきた作業だけど、他の人はどうしてるんだろ?」

「でもわざわざ調べるのも面倒だから、結局いつものやり方でやった方が早いよね?」

ってゆーよーなことはないでしょうか?

そんな、「よくある作業」を短縮化する方法、機能をご紹介したいと考えています。

見ていただいて、「ああ自分のやり方は間違ってなかったのね」と思って安心していただくもよし、
「ほほー、こんなやり方があったのね」と思っていただければ翌日からの作業もきっと楽しくなります。

さらに「目から鱗!」みたいなこともあるかも??
(スミマセン、調子に乗って風呂敷広げました…^^;)

ぜひぜひご参加を!!お会いできるのを楽しみにしております。

リクエストをいただきましたので、着物で登壇させていただきますー^^b

------------

ついでに再度お知らせ

page2012 無料セミナーゾーン

↑こちらも詳しくはクリック↑

pageの会場@池袋サンシャインシティコンベンションセンター内のセミナーゾーンにて、
2月8日の15:20〜16:15に出していただきます。

テーマは同じ、Photoshop「時短」テクニック
名古屋よりもちょっと時間は短いですが、池袋なので首都圏の方やpageを見に来られる方は、お時間があえばぜひお気軽にお立ち寄りください。

セミナーは無料。入場券も事前登録で無料になります。

こちらもひとつ、よろしくお願いします。

2011年から2012年へ

2011年は、私だけでなく日本中、世界中が忘れられない年になってしまいました。

改めて東日本大震災で亡くなられた方、怪我を負われた方、家や仕事やその他大切なものをなくした方、心よりお悔やみを申し上げます。

昨年に引き続き、私、弊社にできること、やらなければならないことを考え精進したいと思っております。

IMG_0567.jpg


写真は2011年最後の夕方に見た月

------------

さてその2011年、昨年度。私や弊社で執筆した書籍は8冊(本のリストは下の方に)。
これは例年に比べると、少ないです。

アドビのアプリケーションのバージョンアップがなかった(正確にはCS5からInDesign 5.5というのがありましたが、これは弊社書籍ではあまり出てこないので)ことと、私の個人的な問題から、昨年度中に刊行されるべきものが間に合わなかった、といったことがその理由。

今年はコンスタントに書いて、デザインしてーができるように、体調・体勢を整えることを年頭に誓いたいと思います><

------------

その代わりと言っていいのかわかりませんが、去年は他の著者さんの本を2冊編集させていただきました。

自分が書くのと違って、ペース配分が難しかったりしましたが、でもそれぞれのジャンルで活躍されている方の生の声や原稿に触れることができ、編集中はとても幸せな時間でした。

中川聰氏著『グラフィックデザイナーのためのユニバーサルデザイン実践テクニック51
(ワークスコーポレーション刊/8月
ud_coverfix.jpg


矢野りん氏著『ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。
(MdN刊/9月)
yanosan_hon.jpg

------------

また、新刊ではありませんが、MdN刊行の拙著、

デザイン・ルールズ デザインを始める前に知っておきたいこと
dejign.jpg


カラー・ルールズ 色とデザインについて知っておきたいこと
color.jpg


デザイン・ルールズ 「文字」
moji.jpg


これら「ルールズ三部作、またはルールズ三兄弟(と、勝手に命名)」。

数年前に、台湾でも翻訳出版されたのですが、(台湾では日本以上かも?の売れ行きだそうで、人口を考えるとすごいこと)昨年は簡体字版も出していただきました!

台湾版は他にも数冊出てるはずですが、簡体字、つまり中国本土向けは初めての経験です。

翻訳していただいた方、中国の出版社のみなさま、そしてもちろんオリジナルの三部作を書かせていただいたMdNの敏腕編集者さま、本当にありがとうございました。

台湾、中国にもいつか視察に行ってみたいですねー。

------------

出版関連以外では、去年からお茶のお稽古を始めたこと、名古屋・大阪・福岡へ勉強会に参加したり、スピーカーとして呼んでいただいたりと交流させていただく機会があったこと、雑誌やWebの記事のためにたくさんのクリエイターさんや印刷関連の方々に取材をしてお話をうかがう機会があったことなど。

5_original.jpg

これは東京のセミナーのときの模様。
某A社の方に、無理矢理しゃべらせられております^^

個人的には、一年ダメダメな感じだと思ってましたが、こうやって振り返るとたくさんの出会いといいお仕事とに恵まれた年だったですねー。

自分が停滞していた分、養分をいっぱいいただいたような感じ。

本当にありがとうございました。

------------

そんなこんなで2012年は、今夜から仕事開始。

春までにデザイン関連の本を1冊、そしてそのあとにもやっぱりデザイン関係で1冊刊行の予定。

この間にはpageイベント(一つ前のエントリで告知したもの)や、また近畿・中部地方への遠征のお声掛けもいただいてます。またいろんな人との出会い、再開が楽しみです。

また昨年から持ち越しの、組版のお仕事や、ムックへの寄稿なども順次。

体調に気をつけつつ、ひとつひとつ集中していい仕事を積み重ねられたらな、と思っております。

本年度も私ならびに株式会社TART DESIGN OFFICEをお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

ご縁をいただきました皆様にも、2012年が一段とよい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2012/1/3
株式会社TART DESIGN OFFICE代表 伊達千代

------------

【2011年弊社で刊行した本(共著含む)】

iLife '11[iPhoto・iMovie・GarageBand・iDVD・iWeb]入門・活用ガイド(Mac Fan Books)』(毎日コミュニケーションズ刊/1月)
iLife11.jpg


iTunes '10マスターブック(Mac Fan Books)』(共著/毎日コミュニケーションズ刊/3月)
iTunes10.jpg


iMovie '11マスターブック(Mac Fan Books)』(毎日コミュニケーションズ刊/3月)
iMovie.jpg


Photoshop逆引きクイックリファレンス CS5/CS4/CS3/CS2/CS 対応 for Windows
PSgyaku_win.jpg


Photoshop逆引きクイックリファレンス CS5/CS4/CS3/CS2/CS 対応 for Mac
PSgyaku_mac.jpg


Illustrator逆引きクイックリファレンス CS5/CS4/CS3/CS2/CS対応 for Windows
AIgyaku_win.jpg


Illustrator逆引きクイックリファレンス CS5/CS4/CS3/CS2/CS 対応 for Mac
AIgyaku_mac.jpg


速効!図解Photoshop Elements 10』(11月)
sokko_ele.jpg


【記事を書いた雑誌】

『Mac Fan』4月号、6月号、11月号、2月号

『MdN』9月号

などなど。多数ご依頼いただきありがとうございました。


【組版に携わった本】

iPhone 4S完全ガイド
(MdN刊/11月)
iPhone4.jpg

他、弊社刊行物を含め多数の組版DTPをやらせていただきました。
ありがとうございました。

大阪DTPの勉強会に行ってきました

ちょうど大阪に出向く用があり、かねてから参加を狙っていた、大阪DTPの勉強部屋さんの勉強会に行ってきました!

テーマは「出力現場の話[2]」

出力用のデータを受け取る側の現場では、どんなことが行われているのか?

スペーカーは某印刷会社の中の人、れれれの氏

------------以下勉強会のサイトにあった紹介文をコピペ

■内容
入稿方法から面付け・出力までの作業を解説をします。
2回目は1回目の知識的な話を下地に作業寄りな内容にする予定です。
※対象の制作アプリケーションは、主にIllustrator、InDesign。
・面付けと入稿後の流れ その2
・入稿方法のいろいろ
・Illustratorやったらアカんの?

------------ここまで。以下は私の感想です。

私はこれまで、かなりの数のデータを出力してもらっていますが、実際に出力の側の方とお話しする機会はあまりありませんでした。

本や雑誌の企画で取材する機会はありましたし、テストデータ(例えば新機能ばりばり使ってどうだー?みたいな)の出力をお願いしたことも。

DTP業務の中でも、事前の環境の確認やら入稿データの指示はもらうようにしてますし(ほとんどは編集部や代理店が間に入ってますが)、トラブルがあれば直接話をさせていただくこともありました。

でも、そういったやり取りを通じて、一番強く感じていたのは「本当のところを語ってもらってない」感。

社外の人には言えないこともあるでしょうし、クライアントに近い立場の相手だと思って、気を使っていただいていたこともあったと思います。

本当は文句言いたいけど我慢してる、本当はもっとこうしてほしいと思ってるのに言えない…みたいな?
(考え過ぎかもしれませんけどw)

まあそれは、別にどんな仕事でもあるとは思うんですよ。
私だってスタッフに何もかもさらけ出して話してるわけじゃないし。やったら毎日取っ組み合いですもんねwww

ただ、制作と出力って、言ってみれば共同作業者なわけで、本当はもっと連携して補い合うべきだし、もっと腹を割って話すべきだし、何よりもお互いに仕事の楽しさや誇りを高め合うような関係であって欲しいです。

そんなことを思ってたこともあって、今回のテーマにはものすごく関心がありました。

参加してみて、本当に本当によかったと思ってます。

れれれの氏のお話は、とてもわかりやすく(ただしペースは異常に早かったので、ついて行ききれなかったところも…^^;)、面白かったです。ここには書けない独自のご見解や、ブラックなことも含め、とても勉強になりました。

今まで疑問に思ってたこと、例えば「なんで未だにEPS指定があるのか?」とか、「なんでいつまでも古いバージョンのファイルを指定されるのか」とか、「PDFがイマイチ普及しない理由は?」とか、そういうこともある程度わかったような気がしますし、今のDTP環境の複雑さや、制作側、出力側双方で、人によってスキルにずいぶん差がある、そいうったものもよく理解しました。

昔は昔は…って言うと、年寄りの愚痴みたいですが(笑)、まあ少し前はもうちょっと制作側のスキルや意識も高かったように思えます。こんなデータは作っちゃいけないとか、きれいなデータ作りとか、そういったね。

今はそういう情報を得る場所もありませんし、ちゃんと教えられる人もいない。そして状況が複雑過ぎて、みんなに共通の作法ってのを提示することも難しいです。

もちろんスケジュールの厳しさとか、予算のなさとか、構造的なこともたくさんあるでしょうけど。

ただ、今のように、とにかくデータを投げておけば、出力側で頑張って出してくれるんでしょ。とか、事故が怖いから古いとわかっていてもやり方を変えないとか、そういう「臭いものに蓋」みたいのはやっぱりね。よくないと思うわけです。

制作側にも勉強が必要ですよ、もっと。
それも、従来みたいに本で「これが王道」を学ぶみたいなのはダメで、その環境ごと、制作物ごとにどう作るべきなのか、出力側の人とみっちりがっちり話し合うスタイルが一番いいんじゃないでしょうか。

あと、DTPから始めた人は「印刷」とか「版」とかの、ベーシックな知識を持ってた方がイイです。
どこまでデジタル化が進んでも、印刷物はアナログなわけで、画面で作るものとはイコールではない。
「版」を作る意識があるかないか、アミ点をコントロールする意識があるかないか、で、ずいぶん作るデータは違ってくると思います。

版下も一度作ってみると、いろんなことがわかるんじゃないでしょうか。

大阪勉強部屋のみなさまはもうそんなことはとうに承知で、写植や版下をテーマにした勉強会もやっておられる様子。さすがです。

もちろん今更、写植を使えとか、版下作れということではないです。
写植の文字のデザイン(特に写研)ってものは知っておいた方がいいし、写植時代の文字組み、組版のクオリティってのも見て知って欲しい。

かつて私がお願いしていた写植屋さんは、みなさん本当に美しい組版ができる方ばかりでした。
これは写植屋さんそれぞれのご研鑽ももちろんですが、写研がきっちり組版教育をやってたことも大きいと思います。その教育は、DTPに移ったことで完全に消滅してしまった。まったく継承されなかった。

本当にもったいないです。

懇親会では、切り貼りとか、薄はぎとか、ロットリング、からす口、紙焼き機、DTP以前の懐かしい話もいっぱい出て(そしてそれらを知ってることで、某「なんでやねんDTP」の中の人から「意外と年くってるのねー」と言われましたがwww)、そんな話も楽しかったです!

そうそう、最近お会いした売れっ子ブックデザイナーさんは、某A社のアプリケーションについての話の中で
「新しいバージョンとか機能とかどうでもいい。デザインは版下で手作業でもできるんですから」って言っておられて、めっちゃかっこ良かったです。

私よりも10歳も年下の方ですけどね。こう言い切れるのはすごくカッコイイですよー。同性ながら惚れましたw

------------

あれ?勉強会のレポートが読めるんじゃないの?と思った方、ごめんなさい。
私の中途半端な知識と筆力では、ダイジェストすら書けませんwww

また、れれれの氏のご講演はいっぱいあると思いますので(ですよね?)、そちらでー。
実際に聞かないと、行かないと、会わないとわからないこともいっぱいあるのですよ。
画面に張り付いてばっかりじゃなくて、出歩かないとね(主に自分に向け

大阪DTP勉強部屋の主催えむさん始め、みなさまには大変お世話になりました。
めちゃ楽しかったです。きっとまた伺います。
ありがとうございました。

PAGE2012セミナーのご案内

しばらく更新をさぼっておりました。
ネタはたくさんあるので、少しずつアップして行きたいと思ってます(; ・`д・´)

今日はまたまた宣伝ですみません。

------------

2012年2月8日(水)〜10日(金)の日程で開催される『page2012』の無料セミナーゾーン(デジタルワークフロー・ソリューションZONE)に出ます。

私の担当は、8日の15:20〜16:15

テーマは『Photoshop「時短」テクニック』

今回のセミナーゾーンのテーマは、どれも魅力的で面白そう。
私も時間の許す限り、会場に張り付きたいと思ってます。

詳細は、セミナー主催の「InDesignの勉強部屋』さん(リンクをクリックしてください)のWebサイトから、トップページのバナーをクリックしてご確認ください。


※pageへの入場には入場料(1,000円)が必要ですが、事前にJAGATのサイトから申し込みをすれば、無料招待券が手に入ります。なお、セミナーは自由に参加できますので、事前申込は必要はありません。

------------

ちょっと昔話も。

page2012 テーマは「PAGE からpage へ ―― ePower で新領域へ」とのこと。

実はPAGE2011までのロゴは、私がまだ某デザイン会社のピチピチのデザイナーだったころ(そんな時代もあったよね…)にデザインしたものが土台になっていました。

あれは確か、PAGE92の時(何年前とか計算しちゃダメ)。

当時在籍していた制作会社で、PAGEのポスターやカタログなどを一式受注していた関係があり、ロゴのリニューアルのお話が舞い込んできました。当時私は社内でも超下っ端デザイナーでしたが、奇跡的に私のデザインが社内コンペで生き残り、最終的にポスターデザインとともに採用されたのです。

その後2年くらい続けて、ポスターなどを担当させていただいた(と思う…)のですが、私は退社してしまいましたので、その後はその会社の別のデザイナーさんに引き継いでいただきました。

ロゴについては当初から、「使いにくい」「変なデザイン」「文字の太さがおかしいでしょ」と、先輩デザイナーさんたちにたくさんダメ出しされてましたので(ええ、本当にその通りでした><)、その後継のデザイナーさんや、さらにそのあとを受け継がれたデザイナーさんたちの手によって、デザインは微妙に改良されてきた…のかな(このあたりは想像ですが)。でも、大きな形は変わりませんでした。

その後、展示やセミナーを見に行ったり、取材に訪れたり、はたまた出展の会社でお声掛けいただいて登壇したり、といったPAGEとのおつきあいは続きました。ほぼ毎年のように会場には行っていると思います。

そうそう、妊娠中にPAGEでスピーカーをやるために、出発間際の電車に飛び乗ろうとして転び、渋谷駅で階段を転げ落ちてしまった、ということもありました。真ん中の子の妊娠8ヶ月くらいの時期だったでしょうか。
私はその後、数日ひどい全身打撲の痛みと戦うことになりましたが、子供には何も影響ありませんでした。
出演時間にもちゃんと間に合いました。よかった…。

そんなPAGEとの関わりでしたが、毎回ロゴを見るたびに「ああ、もっといいデザインはなかったのか>ぢぶん」と思ってしまう(もちろんデザインした当時は、これがイイ!最高!と思っていたわけですが…)ので、正直ちょっと罰ゲームのような感じも。

明らかに感性が古いですし…(そんな古く感じられてしまうようなデザインが悪いんです。はい)。

心の中で何度ジャンピング土下座を繰り返したことか…。
早くリニューアルしてくれと、毎回毎回思ってました。

そんなPAGEも今回からpageへ。

今回からは、もうジャンピング土下座しなくてすみます。
でもちょっと、ほんのちょっとだけ寂しい…ですね。ああ、なんと勝手な私。

セミナーはそんなセンチな気分もちょっとだけ加味して(どんなやん)お送りします。

お時間の合う方はぜひブースへお立ち寄りください。
お声掛けいただけたら、お茶やランチなどご一緒させていただきたいです。

Photoshop CS5セミナーのご案内

今月の13日に秋葉原で、Photoshopの無料のセミナーをやります。

豪華メンバーの間にサンドイッチされて、私の出番はおよそ30分。
Photoshopの作業で、こうすると素早くできるよー。といった内容をやります。
(というか、そういう内容で今考えてます…汗)

Ustもありますよー。
お近くじゃない方は、ぜひそちらでご覧下さい。

あ、だから「生」なのか…(いまごろ

○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー


【セミナー】生でエキスパートが語る!Photoshop CS5特集

10月13日(木)19:00~ 加賀電子セミナールーム(秋葉原)

Photoshop関連書籍の著者が一同に集結。
いずれもPhotoshopの第一人者である、超豪華メンバーによる
役立つテクニックをライブでご紹介します!

定員60名のセミナーのため、早期満席が予想されます。
お申込みはお早めにお願い致します。

・開催日時:2011年10月13日(木)19:00-21:00
・会場:加賀電子セミナールーム(秋葉原)
・定員:60名(スクール形式:机あり)
・出演:藤島健、大西すみこ、伊達千代、茂手木秀行 ※順不同
・参加費:無料

■お申込み・詳細はこちら
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。